便利なので電話占いに依存してしまうというケースがあるようです

電話占いのいいところは、いつでもどこでも電話で悩みを相談できることだと思います。

特に深夜帯はもんもんと一人で悩むことが多く、電話占いにすがる方も少なくありません。

それなのに自分の納得がいく占いの結果が出なかったらあなたはどうしますか?

夜中は時間もたっぷりありますし、占ってくれる先生もたくさんいます。

違う占いの先生だったら違う結果が出るかも、私が望む結果になるかもという淡い期待を抱いて、連鎖的に占いが当たる!と噂になっている電話占いにすがってしまう危険が潜んでいます。

対面式占いであれば、すぐに他の先生に占ってもらうことは難しいですが、電話占いならそれができてしまうので注意が必要です。

電話占いに限らず、占術によっては、もしかしたら違う結果が出ることがあるかもしれません。

しかし違う結果が出ればまた他の先生に占って欲しくなり、結局どの結果を信じたらいいのかわからなくなってしまうことでしょう。

気づいたら鑑定料がすごいことに!なんてことになりかねません。

また、電話占いに依存し過ぎてしまい、誰かに聞いて欲しい話をするためだけに電話をするようになってしまうおそれもあります。

占いはあくまでもあなたの悩みを解決する糸口を見つけてくれるものであって、完全に解決してくれるものではありません。それは電話占いも同じです。

対面占いと比べて電話占いは依存しやすいので注意をしましょう。